男性も身だしなみには

男性も身だしなみには トップイメージ

男性も身だしなみには

近年では女性だけではなくて、男性の多くに美意識というものが広がっている状態になり、特に若年層を中心として関心の高さを知ることができます。美意識に関してはいくつかの項目に分類することもでき、その一つには身だしなみを挙げることができます。

身だしなみでは、基本となる内容として、着用している洋服なども対象とされていて、常に清潔感を持っているスタイルの身だしなみに配慮することが行われています。また、身だしなみの中には本人特有のものも用意されていて、例えば髪型なども対象となります。髪型に関しては、古い時代では男性は短髪が良いとされていた部分がありますが、現在では長髪であっても綺麗にまとまったスタイルであれば問題は無いとされている部分があります。

髪型の他には基本的な項目の中でも特に重要な部分として、身体を清潔な状態に保つことが必要とされています。毎日浴室に入って身体や髪の毛などを洗浄することも良い方法になり、身体を綺麗にするということは、身だしなみの原点と言うこともできます。

また、近年では男性用に開発されている化粧品なども数多くのメーカーから発表されています。例えばボディクリームや顔に使用するための化粧水や乳液なども登場していて、デオドラント用のアイテムも多く用意されているために、特に夏の暑い季節などには活躍することになります。

女性の場合では身体から服装まで、全ての部分に関して身だしなみに十分に注意を払っている方が多い傾向にあります。男性の場合では、女性と比較した場合では、金銭的な部分としては身だしなみにかける費用が少ない傾向にありますが、それでも近年では男性用の脱毛サロンなども登場している状態で、女性に近い状態を維持している方も増えている状況になります。

脱毛サロンに関しても、身だしなみに影響する部分として広く認知されていて、例えば顔のムダ毛の状態が気になっている方が存在しています。状態によっては自宅でシェーバーなどで手入れを行っていても、清潔に見えない状態になっている方も多く、このケースでは脱毛サロンを利用することによって、ムダ毛の処理を綺麗に行うことができます。

例えば顎髭などの部位に関しては、全てを脱毛することだけではなく、利用者の希望に合わせて間引く形で脱毛処理を行う技術も浸透しています。ムダ毛関連では他にも胸毛の処理やすね毛の処理なども利用することができ、全身を綺麗な状態の素肌に保つことができ、結果として身だしなみに繋がる部分があります。

身だしなみ事情

現在、日本の男性はどんどんキレイになり、身だしなみに気を配ることが常識化しつつある。
身だしなみに気を配ることは、接する相手に対し、心地よい印象を与える。
心地よい印象を与えることで、「この人といると心地が良い」と思われ、自分も良い印象に見られるだろう。

また、身だしなみに気を配ることは、体調管理にもつながると思う。
体調管理は、睡眠、食事、運動を適切に行うことだろう。
体調管理が適切であれば、健康体を手に入れることができ、自分の元気な姿を周りに発信することができる。
元気な姿は、接する相手にとって、きっと心地よいものである。

男性の身だしなみ事情は日本のみならず、韓国、中国、欧米、インドなど世界でも常識化が進んでいるようだ。

身だしなみとは

身だしなみとは、容姿や見た目、衣服やファッションなどを良くしようという心構えのことです。

身だしなみとおしゃれは似た印象ですが、意味が違います。
おしゃれは自分の好みや流行など取り入れることで、自分が楽しむためにするものです。
身だしなみは、相手に不快感を与えないような服装や言動をすることです。相手のことを第一に考えた配慮であり、相手に対する敬意が身だしなみなのです。

身だしなみの歴史

歴史的には男性が化粧をしていなかった時代のほうが短いといわれています。
日本におけるメイクの起源は、古墳時代に行われた顔や身体を赤く塗る「赤塗り」という化粧です。
赤塗りの風習は、大陸から伝えられたもので、日本に特有な化粧文化として、男性の“眉化粧”が挙げられます。
男性も女性も自然の眉を抜き、顔面を白く塗って、眉墨で眉を描いています。いわゆる“麻呂”を想像するとよいでしょう。

その後の武士の時代では、戦いの場にもかかわらず今川氏や北条氏などは、化粧や髪型にこだわっていたようです

今では女性がメインとなっている化粧ですが、もともとは男性のほうが化粧好きだったといえます。

化粧好きだった昔の男性と、身だしなみを気にする現代の若者は、少し似ているかもしれません。

身だしなみの種類

近年、男性にとって身だしなみは常識化しています。身だしなみを整えるポイントをまとめました。

男性の肌は、意外とデリケートなため、スキンケアがとても大切です。

特にヒゲそり後のお手入れに、気を使う必要があります。ヒゲを剃った後は、肌がカサついたり、ヒリついたり、そのうえ角層が傷つけられることで雑菌が繁殖し、トラブルをおこしやすくなっています。
肌をなめらかにする乳液や美容液をつけてケアしておくことが大切です。

男性は臭いやすく、相手に不快を与えてしまう可能性があります。不快を与えないために足や体を清潔に保つことが大切です。
足や体を清潔に保つために洗浄料を使ってからだを清潔にする習慣をつけることが基本です。さらに汗を抑える制汗・デオドラント剤を使うとより効果的です。
また、足や体の急な臭いには、コンビニなどで売られてる専用のウエットタオル、ウエットティッシュで清潔に保つとよいでしょう。

良い香りは、相手にとって心地良いものだと思います。良い香りを保つため、フレグランスを使用するのも一つです。
香りは必ず下から上へ立ち昇ってくるので、下半身に香りをつけると、からだ全体が効率よく香ります。
香りを上手に使えば、スキンケアが楽しいものになりそうです。

身だしなみを忘れないポイント

身だしなみは意識することが大切だと思います。
意識し、身だしなみを整えれば、良い印象に見られやすくなります。

身だしなみは時間がたつと、崩れていきます。身だしなみが崩れてしまう要素として、心の疲れがあると思います。
心の疲れにより、体に影響を及ぼし、姿勢が崩れ、顔にも力がなくなり、徐々に身だしなみは崩れていくでしょう。

このような心の疲れたときに身だしなみを意識することが大切です。
身だしなみを意識することは、男性にとって面倒くさいかもしれません。 しかし、男性の身だしなみは、徐々に常識化し、男性専用の美容グッズまで販売されるほどになっています。

身だしなみグッズ

男性用の身だしなみグッズには、男性用化粧品、男性用化粧水、男性向け美容家電などがあります。

男性用化粧品は、CLARINS(クラランス)、アラミス LAB(アラミス ラボ)、SHISEIDO MEN(資生堂メン)が人気です。
男性用化粧品では、DHC(ディーエイチシー)、ORBIS(オルビス)、CLINIQUE(クリニーク)などがあります。
また、男性向け美容家電では、パナソニックの美容機器(シェーバーやスチーマーなど)が人気のようです。

今後も新たな男性専用の美容グッズが販売されていくと思われます。