男性も身だしなみには

男性も身だしなみには トップイメージ

芸能人並みでなくても普通よりも

一般的に、身だしなみを整える事は、人が生活する上で基本的なマナーです。

家でくつろいでいるその格好のままで、外出するのはいかがなものでしょうか。

ある程度の身だしなみを整えてから、出掛ける事にするでしょう。たとえ100メートル先のコンビニに行くのにもです。

なぜなら、その途中で誰に会うかわからないと思うからです。油断は大敵です。しかし、芸能人のように着飾る必要もありません。

人によって、お洒落のセンスがある、ないという事もありますが、センスとはまた少しニュアンスが違うようです。

相手に不快感を与えないような服装に心掛け、その心遣いが出来る事も含めて“身だしなみを整える”と言うことが言葉の本質のようです。

場所に合った服装・所作が含まれます。

人は先ず第一印象でほとんどが決まります。

服装からだけの印象で、清潔さや誠実さが感じられず、品格・教養がないとか一瞬で思われるかもしれません。

たとえそれがあったにしてもです。

最近では、男性も芸能人なみにお洒落をし、身だしなみを整えている人も多いように見受けられます。

それは自分の見せ方が分かっていて、センス良く着こなしているのでしょう。

しかし、身だしなみというのは、服装だけを整えればいいという事ではなく、所作、話し方、態度とすべてがその中に含まれてきます。

その上で、TPOに合わせた格好をするのが好ましいでしょう。

必要以上に着飾ることもせず、その場に合わせて、普通よりも少しだけ上の感覚で、身だしなみを整えていけば、相手からも好まれ、良い結果が生まれることでしょう。

身だしなみというものは、そんなにお金を掛ける必要もありません。

男の人であっても、清楚に見えるように、シンプルにきめれば、それが却ってすっきりと見え、普通が普通より上の感覚になることもあるでしょう。 

一番気をつけたいことは、時・場所・場合を考えなければならなく、その格好を間違えないようにする事です。 それによって身だしなみの評価も大きく変わってくる事でしょう。